中小企業が税金を還付してもらえる制度とは

この制度は

  • 資本金1億円以下の中小企業が対象
  • 前期が黒字(=税金を納付)
  • 当期が赤字
  • 前期の黒字と当期の赤字を相殺
  • 前期分の税金が還付される

具体例

  • 前期 500万円の黒字
  • 当期 500万円の赤字
  • 法人税の税率22%(前期に納めた税金110万円)とします。
    この場合、「前期の黒字500万円」と「当期の赤字500万円」が相殺できます。
    この結果、110万円が還付されるという制度です。

前期までは良かったが、売上が激減した会社もあります。
こういう場合、この選択は非常に有効です。

※還付の制度は「有効」ではありますが、「絶対」ではないのです。

おすすめの記事